IGDA日本、6/21に研究会「モバイル向けソーシャルゲームの海外展開」開催

 

国際ゲーム開発者協会日本(以下IGDA日本)が、6月21日(火)に第7回研究会「モバイル向けソーシャルゲームの海外展開」を開催する。

「モバイル向けソーシャルゲームの海外展開」は、フィーチャーフォンからスマートフォン向けにコンテンツを移植し海外展開を志向しているサービス・コンテンツ・プロバイダーやモバイル向けコンテンツ開発者、海外展開に関心のあるプロデューサー・ディレクターなどを対象とした研究会。今回は株式会社Pottapの代表取締役社長である道村弥生氏が同社のiPhone向けゲームアプリ「Twinkle Bar」の開発事例について講演するとのこと。またその後に株式会社プーペガールが運営する女性向けファッションコミュニティ「プーペガール」のアジア圏向けローカライズをテーマに、ワークショップ形式で参加者間によるディスカッションを行うとのこと。
参加費は500円で定員は50名まで。申込期限は6月16日までとなっている。

申し込み・詳細はこちらから
http://atnd.org/events/16147

Twinkle Barのダウンロードはこちらから
TwinkleBar - CyberAgent, Inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket