プーぺガール、東北地方太平洋沖地震のチャリティ用仮想アイテムを販売

   2011/04/04

20110404-182423.jpg

株式会社プーペガールが、同社が運営するファッションミュニティサービス「プーペガール」にて「東北地方太平洋沖地震」被災地支援を目的に2011年3月14日より募金募集を開始した。.実施期間は3月14日〜4月14日11:00まで(予定)で、「プーペガール」内の仮想アイテムショップ「キャサリンショップ」にて募金用の限定アイテムを販売する。また募金は日本赤十字社に送られる。

募金は「プーペガール」にログインし、アイテムショップ「キャサリンショップ」に移動し「東北地方太平洋沖地震募金」に 掲載されているアイテムより募金対象アイテムを購入することで行える。募金対象アイテムは有料の仮想通貨「ジュエル」にて50ジュエル~1,000ジュエルで販売されている。尚、仮想アイテムの販売額と同額の寄付金をプーぺガールが拠出し、その総額を日本赤十字社へ募金するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket