AR ニュース

metaio、スーパーボウルに合わせてARキャンペーンを実施

更新日:

ドイツ・ミュンヘンに拠点を置くAR(拡張現実)企業のmetaioが、同社が提供するスマートフォン向けAR(拡張現実)アプリ「Junaio」を使用してアメリカ時間の2月6日(日)に開催される第45回スーパーボウルのARキャンペーンを実施する。

スーパーボウルはアメリカンフットボール界最大の大会で、アメリカのスポーツイベント全体の中でも最も人気のあるイベントの一つ。そのためテレビ中継で放送されるCM枠も世界最高額で、毎回様々な企業が制作費を惜しみなつぎ込み斬新なCMを製作することでも知られている。今ではそのCM自体が話題のイベントになっているほど。
今回metaioはこのスーパーボウルに合わせJunaioの一機能として、自分が今いる場所を今回のスーパーボウルの会場であるDallas Cowboys Stadiumに変える「360°全方向カメラ機能」を公開。Junaioを起動したスマートフォンのカメラを周囲の風景にかざすと、その角度やスピードに合わせ画面にDallas Cowboys Stadiumの360°パノラマ写真が表示される。また2月7日にはUSA Today紙朝刊にAR広告も表示。この広告をARマーカーにしアメフトの3Dゲームを表示させる1日限定キャンペーンも行うとのこと。

USA TODAYのAR解説ページはこちら
http://www.usatoday.com/marketing/brand_mkt/landing/junaio/index.html

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.