ケイブ、EAと共同開発契約を締結 GREEにて携帯向けソーシャルゲームを提供

 

株式会社ケイブが、米ゲームメーカー大手のElectronic Arts(以下EA)との共同開発契約を締結したと発表した。今後両社は共同でSNS「GREE」にて携帯向けのソーシャルゲームを提供していくとのこと。


同共同開発契約は、GREEへEAが所有するコンテンツを使った新しいモバイルソーシャルゲームを提供することなどを中心としたもの。ケイブでは既にGREEとモバゲー、mixiにて「しろつく」など複数のタイトルを提供しており、現時点で265万人のユーザを集めている。またEAも2009年11月にソーシャルゲームディベロッパー大手のPlayfishを買収し、昨年10月にもスマートフォン向けソーシャルゲームディベロッパーのChillingoを買収するなど近年ソーシャルゲームに力を入れている。
今後両社はGREEをはじめとした日本のプラットフォームにソーシャルゲームをリリースし、1000万人のユーザーの獲得を目指すとしている。
株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/
関連記事:

Playfish、月間アクティブユーザー5500万人突破を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.