Zynga、新たなポイントサービス「RewardVille」を開始

   2013/01/16

Zynga、独自のリワード広告サービス「RewardVille」を開始

大手ソーシャルゲームディベロッパーのZyngaが、独自のポイントサービス「RewardVille」のβ版を公開した。現在一部の同社のタイトルを対象にテストが行われている。

「RewardVille」は各タイトルやプラットフォームをまたいだZyngaの独自のポイント「zPoints」を使用したサービス。ユーザーは毎日Zyngaのソーシャルゲームをプレイすることで最大300zPointsを貯めることができ、このzPointsに応じてZyngaのタイトルをまたいだレベル「zLevel」を上げることがきる。そのレベルの段階ごとにゲーム内で使用できる限定の仮想アイテムや仮想通貨が付与されるシステムになっており、Zyngaのタイトルのヘビーユーザーにとっては非常に魅力的なサービスのようだ。
現在は「FarmVille」「FrontierVille」「Mafia Wars」「Treasure Isle」「Zynga Poker」が対象だが、いずれはZyngaの全タイトルが対象になる予定。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket