ニュース 国内ニュース

mixi、ドイツ最大のSNS「Vznet」と業務提携 中・韓に引き続き

投稿日:

株式会社ミクシィが、ドイツのベルリンに拠点を置くドイツ最大のSNS運営会社であるVznet Netzwerkeとプラットフォーム共通化に関連する基本合意書を締結したと発表した。今後この基本合意書に基づき同社とソーシャルアプリのプラットフォームの共通化を進め、各ディベロッパーがSNS上で容易に事業展開できる仕組みを整えていくという。


VZnet Netzwerkeは2005年に設立され(当初の社名はstudiVZ)、2007年1月にドイツの出版社グループGeorg von Holtzbrinck Publishing Groupの傘下となった企業。中高生をターゲットとしたSNS「schulerVZ(シューラー・ファーツェット)」や大学生~社会人向けのSNS「studiVZ(ストゥディ・ファーツェット)」、社会人向けSNS「meinVZ(マイン・ファーツェット)」といったSNSを運営しており、計3サイトのユーザー数は1,750万以上にも上る。
mixiは2010年9月に中国最大のSNS「Renren」(Oak Pacific Interactive社)と韓国最大のSNS「Cyworld」(SK Communications)とも提携を行っており、海外企業との提携はこれで3例目。今後mixiではプラットフォームの共通化を実現することで、ソーシャルアプリのディベロッパーに対しSNSの枠を超えてワンストップで世界市場に展開を行うことを支援していくという。
schulerVZ
http://www.schuelervz.net/
studiVZ
http://www.studivz.net/
meinVZ
http://www.meinvz.net/
mixi
http://mixi.jp/
関連記事:
2億人が繋がるプラットフォーム - mixiが、韓国のSNS「Cyworld」と中国のSNS「人人网」との提携を発表

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.