筑波大学 計算知能・マルチメディア研究室、Second Lifeを使用しPVを製作

 


筑波大学 計算知能・マルチメディア研究室(延原研究室)が、米Linden Lab社が運営する3D仮想空間「Second Life」を使用したプロモーションムービーを製作した。監督は芸術科学会展ビジュアルアート部門 最優秀賞の受賞歴などを持つ映画監督の山本暁さんで、企画・プロデュースはSecondLifeを紹介するWebサイト「URIKO.in」編集長の酒井りゅうのすけさん(株式会社ab­leseed所属)。


同作品はゲームや仮想空間をのグラフィックエンジンを使用して作られる「マシニマ」(マシン+シネマの造語)の手法で製作された。今後、主に学生の勧誘や研究室のプレゼンテーションなどに使用されるという。
筑波大学 計算知能・マルチメディア研究室(延原研究室)
http://www.iit.tsukuba.ac.jp/~nobuhara/
Second Life
http://jp.secondlife.com/
関連記事:
毎年恒例の夏のイベント「セカコレ2010」開催!
SecondLifeを紹介するWebサイト「URIKO.in」オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.