トルコの2D仮想空間「Sanalika」が好調 ユーザー数1000万人も間近

   2012/03/18

トルコの2D仮想空間「Sanalika」が好調 ユーザー数1000万人も間近

トルコのIT系ニュースサイト「Webrazzi」が伝えるところによると、トルコの2D仮想空間「Sanalika」が好調だという。

「Sanalika」はトルコのイスタンブールに拠点を置くゲームディベロッパーのOyunStüdyosuが運営する2D仮想空間。ユーザーは2等身にデフォルメされたアバターを作成し、仮想アイテムで着せ替えを楽しんだり部屋をデコレーションしたり、様々な「島」に出かけて他のユーザーとリアルタイムチャットを楽しむ。同サービスのオープンは2008年で現在は本家サイトの他にFacebookアプリ版も提供している。ユーザー数は211月末時点で954万8041人で近日中には1000万人到達の見込み。ここ10カ月のユーザー数の成長率は100%だという。ユーザーの年齢比率は7~12歳が25%、13~18歳が40%、18~35が35%で主にティーンエイジャーに支持されているようだ。 同サービス主な収益源は仮想アイテムの販売だが、平均して1時間あたり約1150個、1日あたりでは2万7500個、1カ月あたりでは82万5000個の仮想アイテムが売れているという。この「Sanalika」の好調により運営元のOyunStüdyosuも規模を拡大。2008年にはわずか6名だった同社も現在は45名体制となっているとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.