GREE、ソーシャルアプリの月額課金制を可能に

 

グリー株式会社が、同社が運営するSNS「GREE」のGREE Platformにてソーシャルアプリを提供している開発パートナー向けに、アプリに月額課金を設定可能な「アプリコース」を導入した。GREEパートナーはこの「アプリコース」を導入することにより、月額型の課金コンテンツを提供し、毎月継続的な収益を得ることが可能となる。日本国内のソーシャルプラットフォームで月額課金の提供を可能とするのはこれが初の事例となる。


GREEでは、現在ソーシャルアプリ内での決済手段として「GREE Platform」の共通の仮想通貨「コイン」を提供しているが、以前よりパートナーから月額課金制の要望があったという。同サービスはdocomoおよびauの携帯向けに提供可能。元々GREEでは月額課金コースに登録しているユーザーに対し「コイン」を毎月一定額付与する月額課金コースを提供していが、今後は各ソーシャルアプリごとに同様の月額課金システムを導入できるようになる。
「アプリコース」第一弾は、芸者東京エンターテインメント株式会社が提供する「おみせやさんfor GREE」。「おみせやさんfor GREE」では、月額300、500、1000、2000コインの4つの「アプリコース」が用意され、「アプリコース」加入ユーザーは、ゲーム内で作った商品を置けるスペースが増えるなどの特典を受けることができる。
GREE
http://gree.jp/
関連記事:
GREEとIDCフロンティア、ソーシャルアプリ向け「GREEクラウド」を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.