ダーツライブゲームズ、モバゲーにて「はじめの一歩」のソーシャルゲームを提供

 

ダーツライブゲームズ、モバゲーにて「はじめの一歩」のソーシャルゲームを提供
株式会社ダーツライブゲームズ(以下DLG)が、株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)が運営する「モバゲータウン」にて、講談社発行の雑誌「週刊少年マガジン」に連載中の人気マンガ「はじめの一歩」をモチーフとしたソーシャルゲームを開発、12月3日(金)よりサービスを開始すると発表した。同タイトルはDLG設立後第一弾のタイトルとなるという。


「はじめの一歩」はコミックス累計8,500 万部を誇る講談社発行の大ヒット漫画。今回提供を開始するソーシャルゲームは、同作品の主人公である幕之内一歩をはじめとした個性豊かなキャラクターが100 人以上登場し、数多くのトレーニングやアイテムを駆使してキャラクターを成長させていく内容となる。また複数の対戦方法を通して全国のユーザーと競い合い、協力し合って世界チャンピオンを目指す多くの”やり込み要素”が用意されているという。
サービス開始に合わせ、同社では11月25日(木)よりモバゲータウンにて事前登録の受付を開始。事前登録を完了したユーザーにはゲーム内特典をプレゼントするなどのキャンペーンを実施予定だという。
事前登録ページはこちら
http://mbga.jp/game/cpn/hajime/top.html
株式会社ダーツライブゲームズ
http://www.dlgames.co.jp/
関連記事:
モバゲー、「ルパン三世」を起用したソーシャルゲームの共同開発決定
(C) 森川ジョージ/講談社 (C) 2010 ダーツライブ/講談社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.