ニュース 仮想空間

Second Life、Gaikaiを使用しWebブラウザからのアクセス実験を実施中

更新日:

Second Life、Gaikaiを使用しWebブラウザからのアクセス実験を実施中

米Linden Labが、同社が開発・運営する3D仮想空間「Second Life」にてクライアント低負担サービス「Gaikai」を使用したWebブラウザビューワ「Skylight Viewer」のアクセス実験を行っている。(但し西海岸地域からのアクセスのみに限定されており、日本国内から試すことはできない)

「Gaikai」とは、クラウドコンピューティングを利用したクライアント低負担サービス。ソフトをサーバー側に置きWebブラウザからアクセス・操作できるようにしたもので、これを利用すれば通常”重く”なりがちな3DのMMOや仮想空間もWebブラウザ上からプレイできるようになる(要Java)。先日お伝えした「OTOY」ももこれと同様のサービスで、他にもOnLive社が提供する「OnLive」などがある。
Linden LabではGaikaiを使用して2週間限定でWebブラウザビューワ「Skylight Viewer」のアクセス実験を実施。まだ初期段階なので同実験では決められたSIM(場所)にしか行くことができず、できることもテキストチャットとIMのみ。以下の回線スピードテストページにアクセスし、クリアすることで実験に参加できる。(米西海岸のみ)

「Skylight Viewer」テストページ
http://interest.secondlife.com/beta

-ニュース, 仮想空間
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.