日本のマイクロソフトもソーシャルゲーム、ただし本国とは違う動き

 

日本経済新聞が伝えるところによれば、マイクロソフト株式会社がゲームポータルサイト「ハンゲーム」を運営するNHN Japan株式会社が提携し、来年1月にソーシャルゲームサイト「MSNゲーム」をオープンするという。


「MSNゲーム」は外部のディベロッパーが自社のアプリを提供できるソーシャルプラットフォームで、マイクロソフトはサイト開設を、NHN Japanはサイトの運営とゲームの提供を担当するという。当初はNHN Japanが現在「ハンゲーム」内で提供しているカジュアルゲームを中心に100タイトル程を提供し、後に外部ディベロッパーのアプリを募集する予定。今後はアジアなど海外展開も検討するとのこと。
尚、本国のアメリカでは既に同名のゲームポータルサイトが存在しているが、日本語での提供は行われていない。
マイクロソフト株式会社
http://www.microsoft.com/
NHN Japan株式会社
http://www.nhncorp.jp/
関連記事:
CrowdStarとPopCap、Microsoftのソーシャルプラットフォームに参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.