ユニバーサルホラーのモンスター達が仮想空間に!

   2013/01/29

アメリカの仮想空間ディベロッパーのSEE Virtual Worldsが、Universal Partnerships & Licensingと業務提携を行った。今後ユニバーサルの古典ホラーに登場したモンスター達「Universal Monsters」をモチーフとした3D仮想空間を開発するという。

「Universal Monsters」とは、1940年代にUniversalによって制作されたエンターテインメント色の強いホラー映画に登場した「フランケンシュタイン」「ミイラ男」「ドラキュラ」「狼男」などのモンスター達のこと。彼らはその後モンスターの定番キャラとして定着、現在では映画の枠を跳び越え様々なジャンルで”活躍”している。SEE Virtual Worldsでは、このUniversal Monstersとモンスターハンターの「ヴァン・ヘルシング」をモチーフにスウェーデンの3D仮想空間「Entropia Universe(エントロピア・ユニバース)」をプラットフォームに仮想空間を開発するとのこと。
尚、SEE Virtual Worldsは既にEntropia Universeを運営するMindArk社と”惑星開発パートナー”契約を締結し故マイケル・ジャクソン氏をモチーフにしたMMO「Planet Michael」もEntropia Universe内で開発中だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket