ニュース 仮想空間

米Microsoftがリンデンラボを買収するという噂が広がっている件

更新日:

海外のIT系ニュースサイト「TechEye」が伝えるところによると、Microsoftがセカンドライフを運営するリンデンラボを買収するのではないかという噂が広がっているという。

リンデンラボは今年の6月に、Webブラウザやモバイルで利用できるセカンドライフの開発と、仮想空間をSNSの分野に展開するという長期的目標のためスタッフの約30%をレイオフしシンガポール支社を閉鎖。併せてCEOも前任のマーク・キングドン氏が退陣し創業者のフィリップ・ローズデール氏が復帰するという大型社内リストラを行った。またセカンドライフのティーングリッド(未成年ユーザー専用のセカンドライフ)を廃止し通常のセカンドライフに一本化する方針を示したり、今年1月に買収したMMO専門SNS「Avatars United」を終了したりとサービス自体にも動きがあった。
TechEyeによれば、リンデンラボは昨日9月30日に同社のロンドンオフィスを閉鎖(事実上海外オフィス全撤退)。それとほぼ同時にセカンドライフコミュニティのリンデンラボに近い関係者が、Twitterにて「Microsoftが今週中にリンデンラボを買収する」という内容のTweetを投稿したという。これについてリンデンラボからは噂を否定するコメントや買収を発表するプレスリリースなどはまだ出ていない。

TechEyeの記事はこちら
http://www.techeye.net/internet/microsoft-to-buy-second-life

-ニュース, 仮想空間
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.