ニュース 国内ニュース

MMD研究所、レポート「主婦のソーシャルアプリ利用実態調査」を発表

投稿日:

モバイルマーケティングデータ研究所が、メディアインクルーズ株式会社が運営するモバイルメディア「ママイコ」と共同でソーシャルアプリに関する調査を行い、そのレポート「主婦のソーシャルアプリ利用実態調査」を発表した。それによれば、ソーシャルアプリを利用している主婦の71.2%が「1日に1回以上アクセスしている」と回答したという。


同調査は9月8日~20日の期間に10~40代以上の主婦を対象に行われ、有効回答数は581件だった。
まず国内の3大モバイルSNS「GREE」「モバゲータウン」「mixi」の登録率について調査したところ、mixiが54.0%と最も多く、次いでGREEが 53.4%、モバゲーが51.6%といずれも過半数を超える結果となった。このうちアクティブユーザー比率では、mixiが39.7%、モバゲーが27.5%、GREEが25.0%となった。
これらのSNSを利用しているユーザーを対象にソーシャルアプリの課金率を調査したところ、モバゲータウンが9.3%、GREEが8.4%、mixiが5.7%がという結果になり、登録率・アクティブユーザー比率では共にmixiが最多だったものの課金率ではモバゲータウンが最も多いという結果になった。
また、モバゲー、GREE、mixiのうち、いずれかのソーシャルアプリ(無料・課金ユーザー含む)を利用しているユーザーを対象に、どれくらいの頻度でソーシャルリゲームを利用しているかを調査したところ、全体の71.2%が「1日に1回以上」アクセスしていると回答。内訳として「1日に2~4回程度」が22.7%と最も多く、次いで「1日に10回以上」が22.1%、「1日に5~9回程度」が16.4%、「1日に1回程度」が10.0%となった。
また、「どんな時にソーシャルアプリゲームで遊んでいますか?」という質問では、「夜、子供が寝た後に」が73.6%と最も多く、次いで「子供がお昼寝している時」が65.2%、「就寝する前に」が53.2%という結果になった。
レポートの詳細はこちら
http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=626
モバイルマーケティングデータ研究所
http://mmd.up-date.ne.jp/

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.