小樽商科大、ARを使用した観光情報提供システムの実証実験を実施

 

小樽商科大、ARを使用した観光情報提供システムの実証実験を実施
小樽商科大学商学部社会情報学科の深田ゼミナールが、9月18日~26日までJR小樽駅周辺と小樽運河周辺エリアにて、AR(拡張現実)を使用した観光情報提供システムの実証実験を実施する。


同実証実験に使用されるのはNTTコムウェアの画像認識技術をベースにしたAR技術とのこと。今回の実証実験では、専用のARアプリをインストール済みのスマートフォンと観光案内用の地図を希望者に貸し出し、JR小樽駅周辺と小樽運河周辺エリアで利用してもらう。地図には観光スポットや飲食店などの情報が掲載されており、その写真をスマートフォンのカメラを通して見るとそのスポットに関する動画が再生されるという仕組みになっている。
NTTコムウェアのプレスはこちら
http://www.nttcom.co.jp/news/pr10090301.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.