JETMAN、学生主導のiPhoneアプリ・ソーシャルアプリを販売する新レーベル「Jet Game lab」設立

 

JETMAN、学生主導のiPhoneアプリ・ソーシャルアプリを販売する新レーベル「Jet Game lab」設立
株式会社JETMANが、学生が開発したiPhoneアプリやソーシャルアプリを販売するレーベル「Jet Game lab」を設立した。その第一弾として株式会社AHSの音楽制作ソフト「MusicMaker」のパッケージキャラクターである「Jamバンド」を起用し、iPhoneアプリ「jamバンド・スライドパズル」を発売する。


「Jet Game lab」は、アプリを公開する場としてだけではなく、マーケティングからプロモーションまで幅広く体験することができるプラットフォーム。アプリの開発段階において技術知識面でのサポート及び企業とのコラボレーションの窓口を担当するほか、学生が中心となってアプリの企画段階から販売状況、プロモーションを全てネット上で公開、また売り上げは学生に還元し技術と資産を次のクリエイター世代に引き継ぐ循環型のLabを目指すという。
「Jet Game lab」の第一弾アプリとしてリリースされる「jamバンド・スライドパズル」は、音楽が大好きな女の子「マキ」「カナ」「リズム」「カノン」の4人のキャラクターを使用したゲームで、キャラクターx4レベル、計16面のスライドパズルを攻略できる。
Jet Game lab
http://blog.livedoor.jp/jgl/
株式会社JETMAN
http://www.jetman.co.jp/
関連記事:
JETMAN、iPhoneでBlu-ray&DVDを覗き見るiPhoneアプリ「TVスコープ」を開発 映画「パラノーマル・アクティビティ」に採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.