GMO「アプリやろうぜ!」から2本のソーシャルゲームをリリース

 

GMO「アプリやろうぜ!」から2本のソーシャルゲームをリリース
GMOインターネットグループが推進するソーシャルアプリの開発支援プロジェクト「アプリやろうぜ!by GMO」が、第一弾アプリとしてモバゲータウンにて「ガドラン★マスター! by GMO」を、mixiアプリモバイルにて「ミラクルフィッシング by GMO」をリリースした。8月中には計21本のソーシャルアプリの公開を予定しているという。


「アプリやろうぜ!by GMO」プロジェクトは、GMOインターネットグループが日本国内のクリエイターとエンジニアを対象に総額3億円のソーシャルアプリ開発支援を行うプロジェクト。現在同プロジェクトの支援のもと、27チームがソーシャルアプリの開発・運営に当たっており、7月30日にそのう ちの2チームがそれぞれソーシャルアプリを公開した。
モバゲーアプリ「ガドラン★マスター! by GMO」は株式会社スーパーアプリが開発したドラゴンを育成するゲームで、mixiアプリ「ミラクルフィッシング by GMO」は魚釣りを通じてマイミクとのコミュニケーションを楽しむゲーム。どちらも基本利用は無料のアイテム課金制。
尚、残りのチームでも各種アプリの開発が進められており、8月中には計21本のソーシャルアプリの公開を予定しているとのこと。
ガドラン★マスター! by GMO
http://pf.mbga.jp/12001791
ミラクルフィッシング by GMO
http://m.mixi.jp/view_appli.pl?id=22462
アプリやろうぜ!by GMO
http://app-yarouze.com/
関連記事:
アプリやろうぜ!—GMOインターネットグループ、総額3億円の支援プロジェクトを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.