TIME OUT NEW YORK KIDS誌とjunaio、コーラスをフューチャしたARコンテンツを製作

   2013/04/09

TIME OUT NEW YORK KIDS誌とjunaio、コーラスをフューチャしたARコンテンツを製作

ドイツのAR(拡張現実)ソリューション企業のmetaioとアメリカの出版社Time Out New Yorkが、同社が発行する「TONY Kids」誌8月号の表紙にコーラスをフューチャしたARコンテンツを添付した。

「Time Out New York Kids」はニューヨークの子供を持つ親のための雑誌。今回両社はこの雑誌の表紙にiPhoneのカメラををかざすと、Webby Awardを受賞した小学生のコーラスグループ「PS22 Chorus」のコーラス動画が再生されるというARコンテンツを製作。表紙の上にモニターの3DCGが浮かび、さらにその中に動画がはめ込まれているという最新AR技術が使用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket