セカイカメラを使用した日本国内初の美術展プロモーション 「マン・レイ展」&「セカイカメラ」コラボ!

 

セカイカメラを使用した日本国内初の美術展プロモーション 「マン・レイ展」&「セカイカメラ」コラボ!
7月14日(水)~9月13日(月)まで国立新美術館にて開催される「マン・レイ展」と頓智・株式会社が提供するモバイル向けARアプリ「セカイカメラ」がコラボレーションを行うこととなった。セカイカメラが国内の美術展とコラボレーションするのは今回が初の事例となる。


同プロモーションは、美術館の来訪者がTwitter内で「#manrayten」をつけてツイートした「マン・レイ展」に関する感想などが、マン・レイ作品の「無題(マン)」をモチーフにした青いハート型エアタグとして六本木エリアに設置されるというもの。セカイカメラを使用して青いハート型のエアタグを見た人は、そのエアタグをタップすることにより美術館来訪者の感想や展覧会情報、広報事務局から発信されたグッズやタイアップ情報などを閲覧することができる。また、セカイカメラの新機能である「Air Shot」を利用することで、美術館上に浮かぶように設置されたマン・レイ作品「無題(黄金の唇)」をモチーフにした金色の唇型のエアタグと一緒に美術館前で記念撮影を行うことも可能だ。
マン・レイ展
http://www.man-ray.com/
頓智・株式会社
http://www.tonchidot.com/
セカイカメラ
http://sekaicamera.com/
関連記事:
頓智・、アメリカでセカイカメラのAndroid版をリリース
セカイカメラが世界へ フランスの博物館が展示会案内にセカイカメラを採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.