シーサイドホテル舞子ビラ神戸、結婚式場利用の集客に仮想空間「WeddingSim」を採用

 

シーサイドホテル舞子ビラ神戸、結婚式場利用の集客に仮想空間「WeddingSim」を採用
シーサイドホテル舞子ビラ神戸が、株式会社アッシュが運営する結婚式場に特化した仮想空間「WeddingSim」を採用し、本日6月11日よりオープンした。


この空間では、チャペルはもちろん明石海峡大橋の見える広大なガーデンや高層階から海を見下ろすスカイバンケットも用意され、アバターで縦横無尽に歩き回ることが可能。他にも様々な角度から空間を見渡し、椅子に座るなどの動作や、テーブルクロスをクリックで変更しシミュレーションする事ができる。またバンケットでは窓の景色を切り替えることもでき、明石海峡大橋を望む夜景が楽しめる。
WeddingSimは3月にリーガロイヤルホテルが採用しており、シーサイドホテル舞子ビラ神戸は二社目となる。庭園のような広い空間を再現し、美しい景観が臨めるのは初めての事例とのこと。
WeddingSim
http://www.weddingsim.com
シーサイドホテル舞子ビラ神戸
http://www.maikovilla.co.jp/
http://www.weddingsim.com/maikovilla/
株式会社アッシュ
http://www.ahsh.co.jp/
関連記事:
アッシュ、仮想空間で結婚式場探し!「WeddingSim」オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.