【シネマ案内状】旅行気分で世界遺産を3D体験

 

アカデミー賞外国語映画賞を獲得した映画「おくりびと」で脚本を担当した小山薫堂氏によるオリジナルストーリーの3Dショートフィルムがひそかに話題を呼んでいる。
3ヶ所の世界遺産を舞台に、その地で暮らす子供たちの目線を通して日常を描いた作品だ。


それぞれの町でひたむきに暮らす子供たちの生活には壮大な自然遺産や文化遺産がそっと溶け込み寄り添っている。それはまるで私たちを見守り包み込むかのようにさりげなく存在していて、地球という長い歴史とスケールの大きさ感じさせてくれるのだ。
その地球の偉大さを後押しするのは、宇宙航空研究開発機構JAXAの地球観測衛星「だいち」が地上700kmから捉えた“宇宙からみた世界遺産”と、ハイビジョンのおよそ4倍の解像度を誇る4K3Dデジタルカメラによって撮影された“地上の世界遺産”という2種類の映像。
スクリーンいっぱいに広がる世界遺産は、この2つの方法によって、よりリアルに私たちに迫ってくるのだ。
作品のメインとなったのはエジプト、ニュージーランド、そして日本。
エジプトでは立体的なピラミッドのブロックひとつひとつの大きさに驚き、ニュージーランドのテ・ワヒポウナムでは森林特有の清涼感や滝の水飛沫を感じ思わず深呼吸しそうになる。人類の負の遺産である広島の原爆ドームを見たときには身体が強張った。
劇場内で見ているのにも関わらず、これほどまでに外の空気を感じさせる映像の数々。鑑賞後はさながら観光を終えたように気分が高揚していた。
普段は大きすぎるゆえに存在を意識できない地球。そんな地球を身近に感じる機会がこの38分間の映像に詰まっている。 (青柳さやか)
FURUSATO 宇宙からみた世界遺産
配給:TBSビジョン
公式サイト:http://www.furusato-movie.com/
(東京IT新聞的シネマ案内状より転載)
東京IT新聞
http://www.tokyoitshinbun.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.