S1、日本初の3D立体視対応のアダルトビデオを発売

 

アダルトビデオメーカーのS1(エスワン)が、日本国内初となる3D立体視対応のアダルトビデオを発売すると発表した。


発売されるのは、「3DX佳山三花」(6月7日発売)と「3DX麻美ゆま」(6月19日発売)の2作品。どちらも通常(2D)版とアナグリフ方式(赤青メガネ)版、サイドバイサイド方式(3D専用テレビ)版の3タイプの映像を収録しており、あらかじめパッケージに専用赤青メガネも同封されているという。価格はどちらも2,980円(税込)。
特設サイトはこちら
http://s1s1s1.com/special/3d/index.html
S1
http://s1s1s1.com/
関連記事:
ヌードグラビアが3Dで飛び出す—雑誌「PLAYBOY」が3D立体視に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.