CESA、ゲーム開発者向けイベント「CEDEC 2010」開催を発表 今年はニコ動でのセッション配信もあり

 

CESA、ゲーム開発者向けイベント「CEDEC 2010」開催を発表 今年はニコ動でのセッション配信もあり
社団法人コンピュータエンターテインメント協会(以下CESA)が、ゲーム開発者向けのカンファレンスイベント「CEDEC 2010」の開催を発表、併せて 東京・港区の同協会オフィスにてプレスカンファレンスを開催した。


「CEDEC」とは今年で開催12回目を迎える、1999年より毎年CESAが開催している国内最大のゲーム開発者向けのカンファレンスイベント。今回は8月31日~9月3日までの3日間に渡りパシフィコ横浜にて開催予定で、期間中は約150コマに登るセッションが設けられる。
尚、今回のイベントのキーワードは「開発者の自律」。これまで行ってきたセッションの講演者を「公募」で募集したところ約400件もの応募があったという。またセッション自体もポスター発表やショートセッション(20分)を新たに導入し多様性を持たせた。さらに今回は動画サイト「ニコニコ動画」とのコラボで一部セッションをストリーミングすることが予定されているほか、Twitterとの連動、過去のCEDEC資料の公開なども検討中とのこと。
加えて、カンファレンス以外の催しも充実。新たに行われる「CEDEC CHALLENGE」は開発者自身のスキルを競う新企画で、囲碁AIプログラムを対局させる「超速碁九路盤AI対決」、Photoshopのプロが技を競う「Photoshop ペイントマイスター」、CEDECの開催期間の3日間でゲームを開発してその出来を競う「三日でゲームを作ってみる」といったユニークなイベントが行われる。またゲーム業界への就職を希望する学生向けに「『ゲームのお仕事』業界研究フェア」も同時開催。ゲーム業界の就職内定者、新人向けには、ボランティアスタッフとしてCEDECに参加する機会を提供する。
CEDEC 2010のチケット販売は7月1日より公式サイト内で開始される。価格は3日間全セッションに参加できる「レギュラーパス」が2万円~、1日のみ全セッションに参加できる「デイリーパス」が15000円~、1日のみスポンサーシップセッションと展示コーナーのみに参加できる「エキスポパス」が1000円~となっている。
CEDEC 2010
http://cedec.cesa.or.jp/
関連記事:
「CEDEC 2010」講演者の公募を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.