ニュース

Google、ブラウザ上で3Dグラフィックが見られる3Dビューア「O3D」の路線を大幅変更

更新日:

米Googleが、同社が開発しているWebブラウザ上で3Dグラフィックが閲覧できる3Dビューアソフト「O3D」の路線変更を発表した。

「O3D」はGoogle Labsで開発されたネイティブプラグインで、IEやFirefox、Safari、ChromeといったWebブラウザ上で3Dグラフィックが閲覧できる3Dビューア。しかし今回の路線変更によりJavaScriptライブラリへと変更された。ただ現時点ではまだデモ画面のようなものはなく、O3Dの全機能をJavaScriptに実装することは難しいとのこと。しかし最終的には同社のブラウザ「Google Chrome」上で3Dグラフィックスを動作させることを目標としているとのこと。
尚、現在公開されているネイティブプラグインのソースコードは今後1年公開されるが、メンテナンス以外は行われないという。Googleブログはこちら

-ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.