WoW運営のBlizzard社、同社のオンラインゲームIDサービス「Battle.net」をFecebookと連携へ

   2014/11/22

WoW運営のBlizzard社、同社のオンラインゲームIDサービス「Battle.net」をFecebookソーシャルアプリに参入

世界で最も人気のあるMMORPGの一つ「World of Warcraft」を運営するアメリカのBlizzard Entertainmentが、同社のオンラインゲームIDサービス「Battle.net」とFacebookアカウントと連携させると発表した。

「Battle.net」は、1997年に同社のオンラインアクションRPGゲーム「Diablo」のリリースに併せて立ち上げられたオンラインゲームIDサービスでありオンラインゲーム・ネットワーク。登録は無料で、一回の登録だけでBlizzard社が提供するゲームやWebサイト、フォーラムなどのオンラインサービスにログインできるほか、フレンドリストやランキング機能、フィルタ機能などの各種機能を利用することができる。
今回発表されたFacebookとの連携により、Battle.netユーザーはFacebook上での友達をBattle.netのフレンドリストに持ち込めるようになる。7月にリリース予定の同社の新作「StarCraft II」のβテストにて第一段階のテストが行われるとのことで、今後はFacebook Connectを利用した様々な機能を追加していく予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.