サイバーエージェントアメリカ、海外向け仮想空間サービス「ComicWorld」をFacebook上に展開

   2013/06/18

サイバーエージェントアメリカ、海外向け仮想空間サービス「ComicWorld」をFacebook上に展開

株式会社サイバーエージェントのアメリカでの事業・研究開発拠点であるCyberAgent America,Incが、海外向けの2D仮想空間サービス「ComicWorld」をFacebookアプリとして提供を開始した。

「ComicWorld」は仮想空間内におけるユーザー同士のコミュニケーションが可能なアバターコミュニティサービス。アニメやマンガを意識したアバターデザインとなっており、洋服や髪型などのきせかえが楽しめる。きせかえアイテムは「ComicWorld」内の仮想通貨「ComicCash」で50ComicCashより販売するという。また同時にオープンしたSNSサービス「ComicGames」や、2009年5月より提供中の海外向け忍者対戦ゲームアプリ「Ninja Trick」とアカウントを共通化しており、「Ninja Trick」で作成したアバターを「ComicWorld」や「ComicGames」で利用することも可能。同社では2010年末までに会員数100万人を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.