ピカソの作品が仮想アイテムになった!

 

ピカソの作品が仮想アイテムになった!
イギリス・ロンドンにある近代アート美術館のTate LiverpoolとiPhone向け仮想アイテム・プレゼントアプリ「Little World Gifts」を提供するKisky社が、5月21日より始まる展覧会「Picasso: Peace and Freedom」のプロモーションのために業務提携した。Kisky社ではピカソの作品を仮想アイテムとして再現し「Little World Gifts」内で提供するという。


「Little World Gifts」は、3Dモデルで表現された有料の仮想アイテムを購入し、iPhone同士でプレゼントし合えるアプリ。アイテムは360°どの角度からも見ることができ、物によってはアニメーションやギミックが付いたものもある。また相手に贈る時はラッピングもでき、もらったアイテムを専用の棚に飾っておくことも可能。
Tate LiverpoolとKisky社は展覧会のプロモーションのため、ピカソが1940年のナチス占領下のパリで描いた作品「Monument to the Spaniards who Died for France」を3Dの仮想アイテムに再現して提供。仮想アイテムとなったピカソの絵画はちゃんと額装もされており、裏側に美術館のロゴ入りの鑑定書も付いているという。
Little World Gifts
http://www.littleworldgifts.com/
関連記事:
バーチャルギフトiPhoneアプリ「Little World Gifts」、(WWF)と提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.