オプラ・ウィンフリー・ネットワーク、セカンドライフ映画「Life 2.0」を購入

 


アメリカのメディア系ニュースサイト「C21media.net」が伝えるところによると、新たなケーブルテレビ局「オプラ・ウィンフリー・ネットワーク(OWN)」がセカンドライフを利用して製作されたマシネマ・ドキュメンタリー映画「Life 2.0」を購入したという。


オプラ・ウィンフリーとはアメリカの女優、テレビ番組の司会者、プロデューサー、資産家であり慈善家。自身が司会を務める人気トーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」はトーク番組史上最高の番組であると評価され、エミー賞など多くの賞を受賞している。また彼女は自前の制作スタジオを所有しており、「オプラ・ウィンフリー・ネットワーク(OWN)」も彼女が設立した新しいケーブルテレビチャンネル。
「Life 2.0」は様々なセカンドライフユーザーの姿を追った長編ドキュメンタリー映画。セカンドライフでクリエイターとして成功し仮想アイテムの製作だけで暮らしていけるようになった人や、お互い結婚しているにも関わらずセカンドライフ内で恋愛をしているカップルなど、セカンドライフにログインすることによって人生が劇的に変化したユーザーたちの姿を追った内容で、今年1月にサンダンス映画祭に正式出品された。
C21media.netの記事はこちら
「Life 2.0」公式サイト
http://www.life2movie.com/
関連記事:
セカンドライフで作られた映画「Life 2.0」、サンダンス映画祭に正式出品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.