Metaplaceをプラットフォームにした”ワイン作り”Facebookアプリ「Wine country」リリース

 

Metaplaceをプラットフォームにした”ワイン作り”Facebookアプリ「Wine country」リリース
かつて仮想空間「Metaplace」を運営していたAreae社が、Metaplaceをプラットフォームに使用したFacebookアプリの第2弾「Wine country」をリリースした。


「Metaplace」はユーザーが自由に仮想アイテムを製作し販売したり、空間やゲームを構築することができる仮想空間だったが、残念ながら今年1月1日にサービスを終了してしまった。しかしAreae社ではそのMetaplaceを同社独自のプラットフォームとして残し、それを基にソーシャルゲームを製作しFacebookアプリに参入。先月初のソーシャル農業系ゲーム「Island Life」をリリースした。
今回リリースされた「Wine country」も所謂”農業系”ゲームではあるが、ブドウを育てて加工し、ワインを製造・販売するとう「ワイナリー運営」シミュレーションゲームとなっている。ユーザーは製造したワインを販売することでレベルと仮想通貨が得られ、それで様々なブドウの苗木を買ったり設備を増やしたり、デコレーションアイテムでワイナリーをカスタムすることができるようになる。
Wine country
http://apps.facebook.com/winecountry/
関連記事:
MetaplaceがFacebookアプリで復活? Areaeの農業系Facebookアプリ「Island Life」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.