KDDI研究所、ARを応用したTV・携帯連携技術を開発

 

KDDI研究所、ARを応用したTV・携帯連携技術を開発
株式会社KDDI研究所がAR(拡張現実)技術を応用し、携帯電話で撮影したテレビ画面の上に仮想的なイ
ンタフェースを重ね、携帯のタッチスクリーンでテレビ画面を直感的に操作することができる技術を開発した。


同技術は、携帯電話のタッチスクリーンによりまるで手元の携帯でテレビ画面を操作するような感覚が得られ、携帯から直感的に関連Webページへ飛ぶことができるというもの。携帯のカメラから取り込まれる画像をARマーカーの認識に適した画像へ高速に変換すると共に、処理対象となる画像データ量を間引くことによってマーカー画像の認識精度を低下させることなく処理の軽量化を達成したとのことで、これにより携帯でもストレスなく仮想インタフェースを操作できるようになったという。さらに独自に定義した携帯用のプロファイルデータを用いることにより、単一のマーカー画像に対して携帯電話ごとに異なる仮想インタフェースを表示することもできる。
尚、同技術は4月12日(月)~15日(木)(太平洋表示ん時間)までアメリカのラスベガスで開催される放送機器
展「NAB2010」にて参考展示されるとのこと。
株式会社KDDI研究所
http://www.kddilabs.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.