犬派にはたまらないフィンランドのかわいいAR

 


フィンランドの雑誌出版社のAller Media社が、4月2日から国営放送で放送される新作アニメ「Dibidog」のプロモーションにAR(拡張現実)技術を利用した。


Aller Media社は女性向けファッション誌やエンタメ・テレビ番組情報誌など計6冊の雑誌を発行する出版社。同社は発行している複数のテレビ情報雑誌の表紙にARマーカーを印刷。これをWebカメラ越しに見ると表紙の上に「Dibidog」に登場するキャラクター「Viki」の3DCGが登場するというARコンテンツを提供した。3DCGは動きまわったり音声付きで吠えたりといった機能もあり。AR技術はフィンランド技術開発研究センター(VTT)が開発・提供したもので、VTTでは5月に開催される上海万博のフィンランドパビリオンにて、同技術のモバイル向けバージョンを展示するという。
Dibidog
http://www.telvis.fi/3d/
関連記事:
IBMとNOKIA、フィンランドのAR+OpenSimプロジェクトを共同研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.