Entropia Universeを運営するMindArk、欧州宇宙機関と共同研究

 


惑星開拓”がモチーフとなったスウェーデンの3D仮想世界「Entropia Universe」を運営するMindArk社が、欧州宇宙機関と仮想環境をトレーニングに応用する共同研究を行った。


欧州宇宙機関はヨーロッパの17カ国が参加する宇宙開発・研究機関(スウェーデンも参加)。人工衛星打上げロケットの開発や民間衛星の打ち上げなどを行っており、アメリカのNASAと肩を並べる宇宙機関だ。同機関とMindArk社では宇宙飛行士の訓練に仮想空間が利用できるか調査するため、Entropia Universeをプラットフォームに木星の第2衛星「エウロパ」を探索するという設定の仮想空間を構築した。その様子は現在YouTubeで公開されている。
Entropia Universe
http://www.entropiauniverse.com/
関連記事:
Entropia Universeでまたもや高額取引、仮想卵のお値段622万円也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.