Nokiaと南オーストラリア大学、共同でモバイル向けARアプリを開発

   2013/02/19

オーストラリアの公立大学である南オーストラリア大学とNokiaが、スマートフォン向けのAR(拡張現実)アプリの開発のために共同でチーム「Magic Vision Lab」を立ち上げアプリのプロトタイプを発表している。

同チームでは携帯のカメラを通して景色を見ると、景色の中の建物や障害物がゆがんだり透けたりして向こう側が”透視”できるアプリを開発している。これは、これまでの現実の風景の上に矢印やテキスト情報を表示して道案内するARアプリよりも的確に目的の場所が分かるアプリとのことで、現在「(障害物を)潰す」「寄せる」「透かせる」3パターンを開発中とのこと。メイキングも含めデモ映像は全てYouTubeで閲覧することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket