CloudSlam、3DXplorerを使用し仮想イベントを開催

 

CloudSlam、3DXplorerを使用し仮想イベントを開催
クラウドコンピューティングソリューションを提供するカナダのCloudSlam社が、Javaベースの3D仮想空間「3DXplorer」をプラットフォームに3月23~25日の期間で仮想イベント「CloudSlam 10」を開催する。


「3DXplorer」はフランスとアメリカ・カリフォルニア州に拠点を置くALTADYN社が提供するJavaベースで動作する3D仮想空間プラットフォーム。JavaベースなのでWindows・Mac・Linuxどれでも使用でき、Javaが動くWebブラウザならどんな種類のものでも操作できる。CloudSlam社ではこの3DXplorerを使用し「CloudSlam 10」専用の空間を構築。リアルのイベント同様展示ブースも設けられている。イベントには誰でも参加可能だが事前登録が必要。
CloudSlam 10
http://www.cloudslam10.com/
3DXplorer
http://www.3dxplorer.com/
関連記事:
Generation O Marketing、業務用の3D仮想空間サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.