3Di OpenSimをNTT都市開発が採用—アバターで気軽に見学できる住宅ショールームサイト「WELLITH 3D MUSEUM」オープン

 

3Di OpenSimをNTT都市開発が採用---アバターで気軽に見学できる住宅ショールームサイト「WELLITH 3D MUSEUM」オープン
3Di株式会社が、不動産の開発・賃貸事業などを手掛けるNTT都市開発株式会社の住宅ブランド「WELLITH」にて同社の3D空間構築用サーバーソフトウェア「3Di OpenSim」を採用した次世代型住宅ショールームサイト「WELLITH 3D MUSEUM」を開発したと発表した。


「WELLITH 3D MUSEUM」はNTT都市開発の住宅ブランドである「WELLITH」を紹介するバーチャルショールーム。顧客は好きな場所からインターネットにアクセスしWebサイト上で自分のアバターを操作し仮想空間内に再現されたショールームを見学することができる。「WELLITH」のマンションに数多く採用されている住宅設備や防犯機能、耐震性なども3Dで分かりやすく視覚化されているので、実際のショールームに近い体験が可能となっている。
WELLITH 3D MUSEUM
http://www.wellith.jp/museum/
ウェリスクラブ
http://www.wellith.jp/
3Di株式会社
http://3di.jp/
関連記事:
3Di、アバター&3D空間を活用した「3Diイマーシブセミナー」のオープンβサービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.