ゲーム ニュース

ゲームを通して世界の問題を学ぶ---代替現実ゲーム「EVOKE」スタート

更新日:

ゲームを通して世界の問題を学ぶ---代替現実ゲーム「EVOKE」スタート

世界銀行研究所(World Bank Institute)が、世界の貧困や食料危機を題材とした代替現実ゲーム「EVOKE」をスタートさせた。ゲームを通して現在世界が抱えている諸問題について学ぶことができる。

代替現実ゲームとは、2004年ごろからアメリカで始まったインターネットと現実世界の双方を利用した多人数参加型のゲームのこと。英語ではAlternate reality gamesと呼ぶのでその頭文字をとって「ARG」と略されることもある。
今回スタートした「EVOKE」は、食料問題やエネルギー問題、災害救助、貧困、教育、紛争、飢餓などの問題の解決を試みるという内容で、ゲームを通して世界の諸問題について学べる代替現実”シリアス”ゲームとなっている。ゲームを進めるためには、他のプレイヤー達と協力して情報共有し推理し続けなければならない。1週間に1エピソードが公開され、10週間にわたり計10のエピソードが公開される予定。ちなみに既に公開されている第一エピソードのスタート地点はなんと10年後の東京。日本の食糧自給率が一向に向上せず、遂に東京が飢餓状態となる衝撃的な幕開けとなっている。

EVOKE trailer (a new online game) from Alchemy on Vimeo.

-ゲーム, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.