Frenzoo、Thereのクリエイターに救済処置

 

Frenzoo、Thereのクリエイターに救済処置
香港発の3Dコミュニティサービス「Frenzoo」が、3月9日でサービスを終了してしまうアメリカの老舗3D仮想空間「There」のクリエイター・ユーザーに対し”救済処置”を行うとブログで発表した。


Thereには早期からユーザーがクリエイター登録を行えば誰でもアバターの服や家具アイテムなどの仮想アイテムを製作・販売できるUGCシステムを実装していた。
Frenzooでは、Thereクリエイターに対しFrenzooのVIPアカウントへの”引っ越し”を無料にし仮想通貨「Therebucks」もFrenzooの仮想通貨「silver coin」に両替する救済処置を実施するという。尚、FrenzooもVIPアカウントに登録すれば自作の仮想アイテムを販売できるThereと同様のUGCシステムを実装している。
詳細・申込はこちらから
http://blog.frenzoo.com/frenzoo_blog/2010/03/free-lifetime-vip-for-therecom-creators.html
Frenzoo
http://www.frenzoo.com/
関連記事:
老舗3D仮想空間のThere、3/9でサービス終了
3DアバターのFrenzoo、空間編集機能を実装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.