ニュース 仮想空間

Club Penguin、再びニンテンドーDSに移植

更新日:

Club Penguin、再びニンテンドーDSに移植

Disney Interactive Media Groupの社長であるStephen Wadsworth氏が、2月18日にラスベガスで開催されたゲーム開発者向けのイベント「D.I.C.E. Summit 2010」の基調講演に登壇し、そこで同社の子供向け仮想空間「Club Penguin」のニンテンドーDS移植版の第2弾を発売することを明らかにした。

「D.I.C.E. Summit」は「Design,Innovation,Communicate,Entertain」の頭文字を取って名付けられている毎年ラスベガスで開催されるゲーム開発者向けのイベントで、その名のとおりゲームのデザイン面とコミュニケーション面について取り上げられることが多い。
「Club Penguin」がニンテンドーDSに移植されるのは今回で2回目。講演中Wadsworth氏は、2008年のクリスマス時期に同サービスのDS版が発売された際に全米で150万本以上も売れたことを発表。今回の移植第2弾はその続編に当たるもので、前作を踏襲しさらに新しいミニゲームを導入するとのこと。また本家のWeb版との連動機能も受け継ぎ、ゲーム内で集めた仮想通貨をWeb版でも使えるようにするという。さらに同社では今後iPhoneアプリ版のClub Penguinのリリースも予定しているとのこと。

-ニュース, 仮想空間
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.