「e空間Kansai」コンソーシアム、大阪・梅田でLED可視光通信やGPS、ARを使った実証実験を実施

 

「e空間Kansai」コンソーシアム、大阪・梅田でLED可視光通信やGPS、ARを使った実証実験を実施
株式会社電通とパナソニック電工株式会社、株式会社日立製作所、日本電気株式会社、財団法人都市活力研究所、株式会社トーセ、株式会社ネットワークサイエンス研究所、西日本電信電話株式会社で構成される「e空間Kansai」コンソーシアムが、経済産業省の「平成21年度 ITとサービスの融合による新市場創出促進事業 (e空間実証事業)」の一環として、阪急三番街北館にて2月13日(土)~28日(日)までLED可視光通信やGPS、ARを使った実証実験「光のマジカルクエスト in 阪急三番街北館~ポン・デ・ライオンと宝探し~」を実施する。


この「光のマジカルクエスト in 阪急三番街北館~ポン・デ・ライオンと宝探し~」は、阪急三番街北館を会場にした宝探しイベント。期間中誰でも無料で参加でき、身分証明書を窓口で提示すると専用端末が貸し出される。阪急三番街北館にはLED可視光通信機器と屋内GPS機器が複数の箇所に設置されるので、参加者はその設置箇所と思われる場所を探して専用端末をかざすと可視光通信で 宝を見つけることができる。
同コンソーシアムでは”その場所”でしか得られないリアル空間に直結した情報サービスの提供を行うことで、人と街との新しい関わり方を提示し、魅力と活気ある街づくりを支援していくとしている。
「e空間Kansai」コンソーシアム
http://eKukanKansai.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.