全米図書館協会、セカンドライフで博物館と図書館の未来について語り合うイベントを開催

 

全米図書館協会、セカンドライフで博物館と図書館の未来について語り合うイベントを開催
全米図書館協会(以下ALA)が、3月5日と6日の2日間に渡りセカンドライフ内の同協会のSIM「ALA Island」にて、博物館と図書館の未来について語り合うカンファレンスイベント「The Future is Now: Libraries and Museums in Virtual Worlds」を開催する。


「The Future is Now: Libraries and Museums」では、ALAのメンバーを中心に図書館や博物館を利用している人、また現在働いている人々を中心にパネルディスカッションや事例紹介、講演などを行う。またTwitterのイベント用ハッシュタグ「#FIN10」も事前に決めて”ダダ漏れ”も推奨している。誰でも参加可能だがSIMへの入場可能人数もあるので事前登録制(有料)。但しイベントの模様は録画され6月6日頃に公開される予定とのこと。

イベントの詳細はこちら
http://www.opal-online.org/finindex.htm
ALA Islandへテレポート:
http://slurl.com/secondlife/ALA%20Island/128/127/28
全米図書館協会
http://www.ala.org/
関連記事:
米エネルギー省、セカンドライフに「Energy」SIMをオープン
ベライゾン財団、リテラシーを学ぶシリアスゲームの開発に100万ドル提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.