シンガーのT-Pain、meezで仮想アイテムを使用したプロモーションを実施

 

シンガーのT-Pain、meezで仮想アイテムを使用したプロモーションを実施
アメリカのシンガーのT-Painが、プロモーションに3Dアバターサービス「meez」を使用している。氏がプロモにアバターサービスを使用するのはこれが2回目。


T-Painはフロリダ出身のシンガーで、全米で最も携帯電話の”着うた”が売れる「King of Ringtoon(着うた)」として知られている。同氏はアーティストやハリウッドセレブ、人気コミックのキャラクターなどのオフィシャルな仮想アイテムを提供するVirtual Greats社へ正式に版権を許諾しており、同社を通じて音源のカバーアートや衣装、ロゴマークなどを仮想アイテム化。以前はFacebookやMySpaceのアプリとして提供されているヴァーチャルペット「Superpets」にて服飾アイテムを販売したが、今回は3DCGの仮想アイテムをmeezで販売する。アイテムはアバター背景やアニメーション、服飾アイテムなど全13種類。
T-Pain
http://www.t-pain.net/
Virtual Greats
http://virtualgreats.com/
Meez
http://www.meez.com/
関連記事:
Virtual Greats、シンガーのT-Painの版権を獲得
Snoop Dogg、3Dアバターサービス「Meez」で新譜のプロモーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.