ポスペが「サイバーアーツジャパン―アルスエレクトロニカの30年」に出展!

 

ポスペが「サイバーアーツジャパン―アルスエレクトロニカの30年」に出展!
ピンクのテディベア「モモ」でお馴染みのおなじみのメール配達ソフト「PostPet(ポストペット)」の開発者であるメディア・アーティスト・八谷和彦氏が、明日2 月2 日より東京都現代美術館で開催される文化庁メディア芸術祭協賛事業「サイバーアーツジャパン―アルスエレクトロニカの30 年」にて、「PostPet」関連の展示を行う。会場には、観客が一緒に撮影可能なモモ兄や「PostPetV3」のデモ、現在株式会社ペットワークスが開発中の「PostPetNow(仮称)」のデモ映像やテストバージョンなどが展示されるとのこと。


「サイバーアーツジャパン―アルスエレクトロニカの30 年」とは、メディアアートの世界的祭典「アルスエレクトロニカ」(オーストリア・リンツ市)の30 周年を記念した、日本のアート&テクノロジー、メディア芸術領域の特集展。八谷氏はアルスエレクトロニカで1996 年、97 年、98 年と3年連続受賞しており、「PostPet」は1998年にネット部門で準グランプリを受賞した。今回展示される「PostPetNow(仮称)」は、ソネットエンタテインメント株式会社(So-net)が発売した愛玩電子メールソフト「PostPetV3」を大幅に改訂し、twitterクライアントとして新たに開発された新しいコミュニケーションツールソフト。自分やフォローした人たちがパペット(人形)となって、ペットと一緒に暮らしていく新しいタイプのtwitterクライアントだ。5月頃のパブリックベータ版の公開を目指して開発中で、フォローや被フォロー、メンション(@つき発言)、リスト機能など、初心者には少しわかりにくいtwitter の機能を仮想空間に置き換え、楽しく使えるように工夫されている。尚、ソフトウェアの開発進行に合わせて展示内容も徐々にアップデートされる予定。
東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/
関連記事:
PostPet 4youCOMPACT、無料化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.