セカンドライフとARを組み合わせてみよう

 

セカンドライフとARを組み合わせてみよう
株式会社内田洋行が、セカンドライフとAR(Augmented Reality 拡張現実)を組み合わせた新たなコミュニュケーション・表現手法を実現した。

セカンドライフなどに代表されるユーザーによるUGC(user-generated content:一般ユーザーが作るコンテンツの総称)を核とした3D仮想空間は、卓越した空間表現能力やコミュニケーション能力を備えてはいるものの、まだ高精細で精密なオブジェクトを製作したり、既存の3DCGデータをそのまま転用したりといった機能には制限・限界がある。そこで同社ではARマーカーの画像をセカンドライフにアップロードして設置し、その画面をキャプチャして3DCGオブジェクトを出現させる手法を考案。マーカーはそのままでもAR側のデータを差し替えることにより、同じマーカーであっても違う3DCGコンテンツを表示させることもできる。この技術を利用することにより、セカンドライフを使用したオンスクリーンプレゼンテーションにおいて非常に高精細な3DCGを表示することが可能となるほか、マシニマ(仮想世界やゲームの画面を使用して製作された映像作品のこと)製作にも応用できる。
株式会社内田洋行
http://www.uchida.co.jp/
関連記事:
AR三兄弟、12/16にAR忘年会を開催
内田洋行、教育サミット「3Di Education Summit 2009」開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.