ニュース 国内ニュース

アバターはあなたに似てる?アイシェアがアバター作成に関する調査結果を発表

投稿日:

オンラインリサーチを提供する株式会社アイシェアが、アバターの利用状況に関する意識調査を行いその調査結果を発表した。


対象となったのは同社のサービス会員である2~40代のネットユーザー男女505名。
まず回答者のうち、絵を描くのが『得意(「とても得意」「どちらかというと得意」の合計)』という人は31.7%おり、一方『苦手(「とても苦手」「どちらかというと苦手」の合計)』とした人は68.3%だったという。
次に、インターネットやゲーム上で似顔絵ジェネレーターなどを使い、アバターやイラストを作ったことが「ある」としたのは全体の34.1%で、女性では44.3%が「ある」と回答。男性(26.1%)を18.2ポイントも上回る結果となった。また、絵を描くのが『得意』な人では50.6%が作成経験者で、うち自分で作成したアバターやイラストをゲームやブログで利用したことが「ある」人は54.7%と多く、30代では65.2%にものぼったという。
続けて作成経験者に、それらを自分に似せて作ったことがあるか聞いたところ、64.5%もの人が「ある」と回答。上の年代ほど多く、20代では 60.0%、40代では71.4%と11.4ポイントも差が開いた。ちなみに自分に似せて作ったアバターやイラストを、自分の顔を知っている人に見せたことが「ある」としたのは61.3%で、さらに見せたことがある人のうち、それが自分と「似ている」と言われたことが「ある」人は 67.6%だった。
最後に回答者全員に、もし似顔絵ジェネレーターで自分にそっくりなアバターやイラストを誰かに作成してもらえるとしたら作成してほしいと思うか尋ねたところ、『作成してほしい』と答えたのは「とても作成してほしい(5.5%)」「機会があったら作成してほしい(33.7%)」を合わせた39.2%で、30代では48.2%、40代では44.6%だった、尚、作成経験者では44.8%が『作成してほしい』としており、未経験者(36.3%)を8.5ポイント上回る結果となった。
調査結果の詳細はこちら
http://release.center.jp/2010/01/1902.html
関連記事:
男性も「着せ替え人形」で遊んだ経験あり アイシェアが”着せ替え”についての調査結果を発表

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.