Cisco、新たな仮想空間「United Nations Citizens」を公開

 

Cisco、新たな仮想空間「United Nations Citizens」をオープン
米Cisco SystemsとEquifax社が、ニューヨークで開催された全米小売業協会の年次イベント「99th Annual National Retailers Federation Expo」にて、新たな3D仮想空間「United Nations Citizens(UNC)」を公開した。


「United Nations Citizens(UNC)」は、Apple iTunesストアやMicrosoftなど実際に存在するメーカーやブランドのショップ約330店が出店する仮想空間。ユーザーはアバターを操作して仮想空間内で商品やサービスの説明を受けたり、ショッピングを楽しめるようになるという。現在仮想空間内で接客などの仕事をするユーザーを募集している。
United Nations Citizens
http://www.unitednationscitizen.com/
Cisco Systems
http://cisco.com/
関連記事:
Cisco、ヴァーチャル会議で経費を3億円節約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.