3DアバターのFrenzoo、空間編集機能を実装

 

3DアバターのFrenzoo、空間編集機能を実装
香港発の3Dコミュニティサービス「Frenzoo」が、自分のアバターだけでなくその周りの「空間」も編集できる「3D Scenes」を実装し、本格的な3D仮想空間サービスへとアップデートした。


「Frenzoo」は、自分の3Dアバターをカスタムして着せ替えをし、ファッションを介して他のユーザーとコミュニケーションが楽しめるファッションコミュニティサービス。自分で製作した画像をアップロードしたりオリジナルの服飾アイテムを製作したり、3DCGデータをインポートできる機能もあり、月額課金制のVIPアカウントにアップグレードすれば自作のアイテムをショップで販売することもできる。また先日リアルタイムチャット機能も導入した。
これまで同サービスは3Dアバターのみしか存在しなかったが、今回のアップデートにより自分の部屋や島などの「空間」も編集できるようになった。これにより今後はアバターの服だけでなく家具やエクステリアなど空間を構成するアイテムの製作・販売も可能となる。
Frenzoo
http://www.frenzoo.com/
関連記事:
Frenzoo、ウェブマガジン「Frenzy」創刊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.