GREE、コンテンツ配信サービス向け配信基盤にアカマイの「Dynamic Site Delivery」を採用

 

アカマイ株式会社のソリューション「Dynamic Site Delivery」が、グリー株式会社が運営するSNS「GREE」 のコンテンツ配信サービス向け配信基盤として採用された。


「Dynamic Site Delivery」は、Web2.0技術ベースのコンテンツとアプリケーションを組み込んだ企業のB to Cサイト推進を可能とするサービス。インターネット・クラウドの中でダイナミックコンテンツプロセッシング、コンテンツターゲティングなどの機能を提供しており、コンピューターセンター・サイドでのオンライン販売の増加やメンテナンス、インフラ経費削減が可能となる。
グリーでは既にGREEのシステム運用に「Dynamic Site Delivery」を導入しているとのこと。
アカマイ株式会社
http://www.akamai.co.jp/
グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/
GREE
http://gree.jp/
関連記事:
GREE、PC版でFlashゲームの提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.