Generation O Marketing、業務用の3D仮想空間サービスを開始

 

Generation O Marketing、業務用の3D仮想空間サービスを開始
アメリカ・カリフォルニアに拠点を置くマーケティング会社のGeneration O Marketing社が、「3DXplorer」をプラットフォームに業務用の3D仮想空間を構築しその提供を開始した。


「3DXplorer」は、同じくカリフォルニアに拠点を置くALTADYN社が開発・提供するJavaベースで動作する3D仮想空間プラットフォーム。JavaベースなのでWebブラウザ上で操作でき、さらにWindows・Mac・Linuxどれでも利用できる。
Generation O Marketing社では主に仮想イベントや製品発表会、試写会、仮想会議用に使用することを想定して空間を構築。あらかじめ椅子やスクリーンなどのオブジェクトを配置し手軽に利用できるようにしている。使用は一回1,000ドルより。
Generation O Marketing
http://generationomarketing.com/
3DXplorer
http://www.3dxplorer.com/
関連記事:
Javaベースの3D仮想空間プラットフォーム「3DXplorer」正式オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.