ゴーガ、iPhoneアプリ向けARライブラリを公開

 

ゴーガ、iPhoneアプリ向けARライブラリを公開
株式会社ゴーガが、カメラ映像にメタデータをオーバーレイ表示するためのiPhoneアプリ向けARライブラリを公開した。


このiPhoneアプリ向けARライブラリは、iPhoneアプリ中でカメラを起動し、周りの景色を表示させた状態でそこに吹き出しなどのメタ情報を重ねて表示させるための開発用ライブラリプログラム。iPhoneアプリ開発を行うプログラマーであれば、このARライブラリを組み込むことで簡単にARアプリを開発することが可能となる。また、リアルな歩行者ナビゲーションを作成したり、Twitterからのデータ読み込みや各種Web APIデータの読み込み、必要なデータを抽出して表示することも可能となっており、方角やデータの分布を表すレーダーの表示にも対応している。
同社では同様の機能を有するAndroid向けARライブラリも開発中で、2010年1月から提供できる見込みとのこと。販売価格はいずれも80万円。
株式会社ゴーガ
http://www.goga.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.